個別指導塾とは

大学受験を経験された方の多くが、中学校、高校時代などに塾を利用されていたでしょう。塾にも種類があり、最近は集団指導を行う塾、グループ指導を行う塾、さらに個別指導塾があります。集団指導の塾は保護者世代も多くが通われていたと思いますが、学校のように大人数で指導を受けます。進学塾などで規模が大きいところになると、成績毎にクラス分けされていて、自分の学力にあったクラスで勉強します。

グループ指導は4人とか5人、また2人、3人という少人数制のクラスで、人数が少ないことできめ細かな指導ができる事でも人気があります。1対1が緊張してしまうという子もグループ指導なら安心ですし、30人も40人もいるクラスで指導を受けるということではないので、集団塾よりも指導される側は質問もしやすく指導もしっかり受ける事ができます。

個別指導塾は1対1が基本です。中には講師1に対し、2人の生徒という事もありますが、個々の性格、学力、どこが弱いのかなどを細かく確認し、各生徒にあった指導ができるということで今非常人気があります。家庭教師と同じように1対1ですが、場所が塾、という事で、家にいるよりも気持ちが引き締まるという生徒さんも多いです。

個別指導塾の中でも東大生が講師を務める個別指導塾は非常に人気が高く、保護者からの信頼も厚い塾です。