中学受験と小学生

最近は高校年代で受験させるよりも親の言う事をまだ聞いてくれる小学校年代で、中学受験をさせるという保護者が多くなっています。もっと小さい年代、幼稚舎でお受験をさせて後が楽になるようにと、エスカレーター式教育機関へ入学を希望する保護者も多いです。日本の受験戦争は厳しい、特にいい高校、いい大学に入学するのはとても難しいという事を親世代が理解しているため、その苦労をさせないようにという配慮があるのでしょう。

中学受験をする多くのお子さんが進学塾に通っていますが、東大生が講師となる個別指導塾はとても人気があります。やはり親世代から見ても東大生が講師という事が大きな魅力です。東大生は東大という超難関大学を受験し合格した成功者です。日本の中で最高峰に位置する大学に在学する学生が子供を指導してくれるのですから、これは心強いでしょう。

東大生も小学校時代に中学受験経験者がいます。中学受験のための勉強を経験してきた講師ならその経験を活かした指導ができますし、そうでない場合も、小学校の勉強でどんなことがポイントとなるのか、各教科ごとにポイントをよく理解しています。小学校時代から東大生の質の高い個別指導を受けられるのは、中学受験以外、将来の受験にも有意義な指導となるでしょう。