私立中学と公立中学

東大生講師がいる個別指導塾では、小学生・中学生・高校生など、多年代を指導しています。最近は中学受験を考える保護者も多くなり、そんな保護者からも東大生の個別指導塾が選ばれています。東大生は勉強、受験という事について、多くの経験を持っているので、保護者にとっても強い味方となります。

私立中学を受験するか、それとも中高一貫教育の学校にするか、悩みどころですが、それぞれの特徴を抑えたうえで志望校を決定しましょう。小学生の進路は通学区域内の公立中学校、学校選択制の公立中学校、公立の中高一貫校、私立の中高一貫高、さらに国立大学付属の中学校などの進路があります。

受験を行わない場合、地域の公立中学校に行くことになりますが、学校選択制の公立中学校は区域を設けていないので居住地ではなくても選べる事があります。受験が必要となるのが、公立中高一貫校、私立中高一貫校、さらに国立大学付属中学校です。

公立でももちろんしっかりとした学習を行っていますが、基礎学力を身に着け安定した教育があり、政治的な影響を受けない、という点を考えると私立の中高一貫校が魅力的です。有名大学入学を考慮し、レベルの高い教育を受けさせる私立中学も多くなっていますので、将来を見据えた教育を・・と考えると私立中学の方が魅力的と感じるかもしれません。

東大生の中にも、中学受験を経験し質の高い教育を受ける事ができる中学校へ入学をした経験を持つ学生が多いです。どんな教育を受けたのか、どのような授業なのか、こうした有名進学校の情報を得られるのも、東大生講師を利用する利点でしょう。