東大受験の経験

経験はとても大切です。受験生にとって経験者が傍にいる、味方になってくれているというのは非常に心強いことです。まして東大生は日本の頂点に君臨する大学に合格を果たした人ですから、受験生にとってこれほど大きな刺激となる存在はないでしょう。

個別指導塾は、1対1、若しくは講師1人に対して生徒2人、3人などに指導します。東大生講師が自分の担当する生徒の性格を知り、弱点や苦手科目を割出し、その上でその生徒にあった指導を行ってくれるのですから、その魅力は生徒自身が一番よく感じているでしょう。

受験生が塾講師に求めるのは勉強を教えてくれるという事だけにとどまらないはずです。受験を控えその時間をどのように使っていくのか、受験までどのようなスケジュールで学習を組み立てていけばいいのか、そうした受験までの取り組みについても重要な要素と考えているはずです。

東大生はその経験を持っています。東大受験の経験を持っているという事は大きな魅力です。東大生が塾講師を務めているということがポイントになります。国公立大学に合格するために必要なセンター試験、個別試験、さらには小論文や面接など、自分たちがこれからチャレンジしていく壁を乗り越えた経験者が講師ですから、苦手科目の克服や学校の授業への取り組み方など、相談できることがたくさんあるでしょう。