私学受験の経験

東大生の中には東大受験と私立大学受験を両方経験している人が少なくありません。こうした経験を持っている方は、国公立大学の受験と私立大学の受験の違いを把握し、その受験特性に沿った受験勉強をしてきているので、私立大学受験を考えている学生にとっても、非常に大きな力になります。

多くの私立大学が今、センター試験を利用しています。その後の個別試験については国公立よりも少なくなることが多く、学部によって特化した学習を行う事が必要となります。国公立と私学の両方を受験した経験がある東大生は、ある程度の余裕を持てる人と考えられます。なぜなら、国公立大学受験は科目数も非常に多く、その上で私立大学用の受験対策も練る事ができる人だからです。

通常塾などで進路指導を行う際に、成績がぎりぎりという場合には、国公立か私立か、いずれかにするように指導する事があります。両方共受けるとなると国公立と私立両方の特性に沿った勉強が必要となるため、勉強しなければならない科目数が多くなります。科目数が多くなると得意科目があっても、その点数を伸ばす事ができず、結局共倒れになる可能性があるからです。

東大生で私立、国公立両方の受験経験がある方は万遍なく点数が取れるオールマイティーな頭脳を持っている人です。私学受験、また両方の受験を考えている学生にはこうした経験を持つ東大生塾講師が指導する事も多いので、非常に心強い味方になります。