目の前にいる成功者

スポーツでも例えば同じ高校に県チャンピオンがいたり、有名選手がいるとなると、一緒に練習する学生もモチベーションが高くなります。その人の練習をまねたり、試合前に行う行動をよく観察し自分にも活かしたいと考えたり、その人の生活をみて自分の生活を正したりします。それと同じことが、東大生塾講師と生徒の関係にも起こるのです。

受験生にとって東大生受講講師は目の前にいる成功者です。国公立、私立受験、いずれも受験という人生を大きく変えるかもしれない壁に立ち向かっていくことが必要です。東大生が講師となることで、東大生の受験ノウハウを知り、勉強の仕方を指導してもらい、ぐっと成績を伸ばす学生がたくさんいます。受験生からみて東大生は自分の近くにいる目の前にいる成功者なのですから、この人を見本として頑張っていこうという気持ちになります。東大生が身近になる事で、目指すものも身近に感じるようになるのです。

自分なんかが受かるのかな?受験に落ちたらどうしようという不安を誰もが持っています。成功している人が受験に立ち向かう自分に指導をしてくれると考えれば、「自分もやる気を出して必死に指導についていけば成功者となれるのかも」と希望に変わっていきます。目的を達成した経験者が身近にいることは非常に心強い物なのです。